予防歯科

よしぞえ歯科クリニックは患者様の口腔状況をしっかり診て
オーダーメイドの口腔ケアを致します。

「予防」に勝る治療はありません。よしぞえ歯科クリニックは何より「予防」に力を入れており、プロフェッショナルケアとして、PMTC、フッ素塗布、歯磨き指導を行っています。しっかりとした定期的なケアにより虫歯や歯周病になりにくいお口の環境作り美しい状態を維持する事が可能です。
いつまでも健やかな歯でいられるよう、家族みんなのかかりつけ歯科医でありたいと思っています。
 
歯科医院での定期的なP.M.T.C.とご家庭での丁寧な歯みがきをバランスよく両立させれば、効果的にバイオフィルムに対抗でき、ムシ歯や歯周病の予防につながります。
 
PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師や歯科衛生士などの歯科の専門家による、特別な器具を使った歯クリーニングのことです。ご家庭での歯磨きでは落としきれないバイオフィルムを除去することができます。
 
よしぞえ歯科クリニックでは衛生士を担当制にしており、ご要望や経過などを把握しながらよりよい口腔環境作りのお手伝いをさせていただいております。

衛生士担当制

当医院では担当制を取り入れています。継続して担当することにより口腔内を把握でき、経過も見られますので信頼関係も築けることももちろん、患者様の目指す希望をより実現するために必要だと考えています。
その分、衛生士の数は他医院様より多く常駐しております。
そして皆様にご満足していただけるよう「よりレベルの高い歯科衛生士を育成する歯科医院」としての努力をしております。

PMTC

歯のケアというと「歯ブラシで磨くことやデンタルフロス、歯間ブラシが大事」ではと思われますが、歯周病の予防や虫歯の予防に「PMTC」(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は大変効果的と言われています。

PMTC」を簡単に言うと、自分での歯磨きでは落ちない歯の汚れなどを歯科医院で専用機器や薬を用いて、きれいにクリーニングすることです。
知らず知らずのうちに磨き残ってしまう部分や歯ブラシでは磨くことができない場所も機材を使ってキレイに汚れを取り除きます。
 
歯の表面や歯周ポケットなどに付着したプラーク(歯垢)がバイオフィルム(歯垢に生息する細菌)を作っていきます。プラークコントロールと言う言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、PMTCを定期的に行うことによって、虫歯になる原因ではないかと言われているバイオフィルムを除去することによって歯を守ることが大切です。

“エアフロー”という特殊なパウダーを混ぜた水を高圧なジェット噴流を使ってキレイにする機械を使用します。エアフローで磨きにくい歯の裏側や歯と歯の間、溜まった汚れやバイオフィルム、着色などを除去していきます。痛みもなく、終わった後のスッキリ感と快適さは歯科医院での治療ならでは。
矯正中の方や被せ物やブリッジなどがある方は自分では磨けない所が必ずありますのでそういったところまでキレイにすることが可能です。歯のエステとしても定期的なクリーニングをおすすめしております。
※PMTCは歯石などは取れませんので、歯石をしっかりとってから行います。※ホワイトニングではありませんので汚れや着色などは取れますが、白くはなりません。

歯面清掃用装置で歯や歯茎に優しいクリーニングで美しい口元に。虫歯予防・歯周病治療にも効果を発揮します。

TBI(ブラッシング指導)

毎日歯を磨いているのに虫歯になってしまう。自分ではきちんとブラッシングをしたつもりでも、実際正しくブラッシングが出来てないかもしれません。
歯科衛生士がしっかりとチェックし、患者さま一人一人に合った磨き方や歯ブラシ、歯間ブラシ、フロスなどをご提案します。指導に使った歯ブラシもお持ち帰りいただけます。
 
歯周病・虫歯予防にはホームケア(プラークコントロール)とプロフェッショナルケア、この2つが重要です。ご家庭での正しい丁寧な歯みがきと歯科医院での定期的なPMTCをバランスよく両立させることによっていつまでも美しい自分の歯で快適に過ごせます。

子供の頃からの口腔ケア

お子様は小さな頃からの口腔ケアが大切です。
よしぞえ歯科ではお子様にも定期的なチェックをおすすめしています。
口腔内の状況に合わせて定期的にフッ素塗布をします。虫歯予防により効果的と言われているMIペーストも使用します。

よしぞえ歯科クリニックは、
新潟での「歯髄細胞バンクの認定クリニック」です。

「歯髄細胞バンク」とは?

自分の細胞(幹細胞)を使って元通りの形や機能を再生させる再生医療が注目されています。抜いた「乳歯」や「親知らず」から採取した歯髄細胞を培養して冷凍保管しておくことで、将来万が一、病気や事故になったときに失ってしまった組織や臓器を、自分の細胞を用いて元通りの形や機能を再生するための治療に生かすことが可能です。
骨髄や臍帯血などでも可能ですが、それらと比べて「乳歯」や「親知らず」からの歯髄細胞の採取は最も手軽で安全なのです。
幹細胞を使っての治療は脳梗塞や脊髄損傷の神経再生治療の他にも、今後は幅広い利用が期待されています。
再生医療にご興味がある方や歯髄細胞バンク登録ご希望の方はお気軽にお問合せください。

歯の細胞バンク

COPYRIGHT(C) YOSHIZOE DENTAL CLINIC ALL RIGHTS RESERVED.